アドラー心理学の講座の受講前に、一通り目を通しましょう

アドラー心理学の講座を受講する前に

不可欠な理論

アドラー心理学の【仮想論(認知論)】のまとめ

投稿日:2017年6月1日 更新日:

このページでは、日本のアドラー心理学研究の中で、仮想論・認知論と表現されている、『個人の認知に関する論考』を取り上げます。

アドラー心理学で表現される『認知』とは、≪意味や反応を伴った知覚≫です。

仮想論・認知論とは、≪同じ状況や刺激であっても、個人によって、どう意味づけしどう反応するかは違う。≫≪認知の仕方は、個人の目的によって大きな違いが出る≫としています。

物事の意味は人による

このイラストを見て、あなたはどう思いますか?

このイラストを見て、あなたはどう思いますか?
kitto

mako
仲良しグループで盛り上がってる!
saku
接待ゴルフか・・・めんどくさそう。。。
miko
おじさんがゴルフレッスン中?

人は、同じイラストを見ても、同じような状況にあっても、違う意味を見出します。

その人の生まれ育った環境どうありたいかという目的どうやって目的を達成するかという手段や方法によって、人それぞれの固有の意味付けを持つのです。

人の価値観をどう評価するか

mako
上司のやり方は、古くて手間ばっかり!!納得出来ないんです。
私のやり方のほうがスマートなのに!!
上司は、どのような目的があってそのやり方を採用しているのでしょうか?
kitto
あなたのやり方によって、上司の目的がより良く達成できるなら、
そのことを伝えられたらきっと納得してくれますよ。
kitto
上司は、上司の目的を達成したいだけなのですから。
kitto
saku
妻が近所付き合いの愚痴ばっかり・・・
奥さんは、あなたとなら人生の目的を達成できると思って結婚したのです。
kitto
奥さんは、なぜあなたに近所付き合いの愚痴を言うのでしょうか?
あなたに愚痴を言う目的を理解して、奥さんの目的達成のサポートができたら・・・
きっと愚痴は減りますよ!
kitto

あなたにとって、楽しくやりがいのあることでも、他人からしたらつまらないこと。

その逆もある。

誰かにとって面白い情報でも、あなたにとっては興味のない情報。

人の価値観は、人それぞれ固有なものです。

アドラー心理学では、≪同じ状況や刺激であっても、個人によって、どう意味づけしどう反応するかは違う。≫≪認知の仕方は、個人の目的によって大きな違いが出る≫としています。

それらをアドラー心理学では、個人によって認知している現象の意味合いは違う
⇒仮想論(認知論)とよんでいます。

adler-336

adler-336

-不可欠な理論

Copyright© アドラー心理学の講座を受講する前に , 2019 All Rights Reserved.